ちりめんじゃこ(しらす干し)等  [うす塩]

釜出しちりめんじゃこ釜出しちりめんじゃこ(釜出ししらす)
大きさや乾燥度合い(干し具合)によって、名称がかわってきますが、「釜出しちりめんじゃこ」は、ちいさめ(0.8〜1.3cm前後)で、釜からだした状態のままのものをいいます。高知では「釜出しちりめんじゃこ」といわれていますが、高知県外では「釜出ししらす」「しらす」などといわれることが多いようです。柔らかな食感が魅力の一押し商品です。
当店の目の前には、太平洋が広がり、そこで獲れた新鮮なしらすをすぐに釜入れし、茹で上げ、そのままの状態でお送りいたしております。

釜上げちりめんじゃこ釜上げちりめんじゃこ(釜揚げしらす)
「釜上げちりめんじゃこ」は、「釜出しちりめんじゃこ」と同等の大きさで、ほんの少しだけ乾燥させた(干した)少し柔らかめの食感のものをいいます。高知では「釜上げちりめんじゃこ」といわれていますが、高知県外では「釜揚げしらす」「しらす干し」などといわれることが多いようです。
当店の目の前には、太平洋が広がり、そこで獲れた新鮮なしらすをすぐに釜入れし、茹で上げます。創業明治10年からのノウハウで、うす塩で旨味の効いた味に仕上げます。

上干ちりめんじゃこ 上干ちりめんじゃこ(しらす干し/カチリ)
大きさは「釜上げちりめんじゃこ」より、ほんの少しだけ大きく、もう少し乾燥させた(干した)ものをいいます。食感のほうも、少し大きくて、干した分だけ、歯応えがよくなり、噛んだと同時に旨みがじわっとくるような感じです。「釜上げちりめんじゃこ」より旨みを感じることのできる品です。
当店の目の前の太平洋で獲れた新鮮なしらすを釜で茹で上げ、「釜上げちりめんじゃこ」同様、創業明治10年からのノウハウで、干し具合を調整し、うす塩で旨味の効いた味に仕上げます。

カエリジャコ カエリジャコ
他のものよりも大きめ(2.5cm〜3cm前後)で、しっかり乾燥させた(干した)ちりめんじゃこをいいます。「上干(カチリ)ジャコ」などより大きい分、噛み応えがあり、旨味もじゅうにぶんに感じることができるはずです。噛めば噛むほどに感じる、いわし本来の風味を堪能できます。カルシウムなども豊富に含まれ、健康にもよいとされています。
当店の目の前の太平洋で獲れた新鮮なしらすを釜で茹で上げ、創業明治10年からのノウハウで、干し具合を調整し、うす塩で旨味の効いた味に仕上げます。

その他の取扱商品

沖うるめの丸干し

沖うるめの丸干し
沖うるめは、20cm前後の深海魚の一種で、土佐湾沖の深海で獲れます。「沖うるめの丸干し」は、高知では季節になると比較的、手に入りやすい品で、珍味として食されています。
白身でやわらかく、淡白でありながら、脂がのっていますので、焼いていただくと、皮はパリパリで、身は柔らかくジューシーな食感が味わえます。また、焼いた後に、そのままお召し上がりいただいてもおいしくいただけますが、酢橘などをしぼってお召し上がりいただくと、なおいいと思います。

  ※冷凍ものは扱わず、獲れたての新鮮な品を
  加工して、お届けしております都合上、期間
  限定(11月〜3月)品になります。

目ひかりの丸干し目ひかりの丸干し
目ひかりは、沖うるめより少し小ぶりの深海魚の一種で、沖うるめと同じく土佐湾沖の深海で獲れます。「目ひかりの丸干し」は、高知では、比較的ポピュラーな品で、年配の方からお子様まで、珍味として食されています。
「沖うるめの丸干し」と同様で、白身でやわらかく、淡白でありながら、脂がのっています。焼いた後、そのままでも、酢橘やレモンなどをしぼっても、また、から揚げにしても、とてもおいしくお召し上がりいただける品です。

  ※冷凍ものは扱わず、獲れたての新鮮な品を
  加工して、お届けしております都合上、期間
  限定(11月〜3月)品になります。
沖にろぎの丸干し

沖にろぎの丸干し
沖にろぎは、土佐湾の沖で獲れます。「沖にろぎの丸干し」は、高知では季節になるとよく食される人気の品です。大きさは、3〜5cm前後の、薄い魚です。
薄い魚ですので、頭から骨まで丸ごと食べられ、食感もよく、干物の旨みがつまっています。軽くあぶるだけでも、十分、おいしく召し上がれますが、から揚げなどにしてもおいしく召し上がれます。酢橘やレモンなどをしぼったものに、つけて食べてもいいかと思います。

  ※冷凍ものは扱わず、獲れたての新鮮な品を
  加工して、お届けしております都合上、期間
  限定(11月〜3月)品になります。

だしジャコ(アジ/いわし)だしジャコ(アジ)

子アジを使った煮干で、高知では、一般的に使われています。よく見かける「いりこ煮干」とは違い、あっさりとした上品な旨みと、しっかりした風味が合い交わった品です。主に、お味噌汁・お吸い物・煮物、お料理などに使います。

だしジャコ(いわし)
カタクチいわしの煮干です。高知では、「まじゃこ」とも呼ばれています。味噌汁・お吸物・煮物のだしに使われることが多いようですが、カルシウムなどの栄養素も豊富ですので、おつまみ・おやつとして、そのまま召し上がっていただいたり、軽くあぶっていただくのもお勧めの品です。